eyecatch

開業を目指すなら知っておきたい、個人事業主のメリット・デメリットなどをご紹介

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

  • 目指せ個人事業主 - TOP
当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

目指せ個人事業主

いつかは個人事業主として働きたいと考えている会社員の方、学生の方向けに、個人事業主という働き方のメリットとデメリット、開業までの道のり、生き残るために必要なスキルなどを紹介します。個人事業主として成功するためには、開業前の入念な準備と、事業継続のための努力が欠かせません。途中で挫折してしまわないよう、デメリットやリスクもきちんと理解したうえで覚悟を決めて前進しましょう!

  • 開業する前に知っておこう

    個人事業主として開業することは、実は簡単です。会社を退職して税務署に書類を1枚提出すれば、その瞬間から個人事業主になることができてしまいます。しかし、その事業で生計を立てられなければ、つまり仕事をとって売上を上げられなければ、実質的には失業状態になってしまいます。さらに、事業が成功したとしても、社会的信用は低く、さらに生活の保障や将来の保障は何もないなど、様々なデメリットがあるということは覚悟しておかなければなりません。

  • 個人事業主への道のりはこれだ

    個人事業主のメリットやデメリット、会社員との違いなどを理解し、覚悟ができたら、いよいよ開業準備です。独立するにあたっては、会社を退職する前に準備しておくべきこともありますので、勇み足で退職してしまわないよう、虎視眈々と着々と準備を進めましょう。個人事業主になれば、今まで会社がやってくれていたようなお役所関連の手続きも全てを自分でこなさなければならないので、退職後の手続きも漏れのないように気をつけましょう。事業名称をつける際に知っておくと役立つポイントや事務所を借りる場合のお役立ち情報なども紹介します。

  • スキルを磨いて生き残れ

    個人事業主は「不安定」というデメリットがつきまといます。開業することは簡単ですが、その事業を継続させることは至難の業です。個人事業主として開業した人のうち、その半数以上が数年のうちに廃業している現実もシビアに認識しておきましょう。生き残るには、あらゆる面で日々切磋琢磨することが大切です。本業の技術・スキルを磨くことはもちろんですが、それだけでは十分とはいえません。どんな職種・業態であれ、成功するためにマストとなるキーワードが「管理能力」です。時間を管理し、健康を管理し、スケジュールを管理すること。つまり、自己管理です。

  • 学生起業家はチェック

    最近は学生という立場を上手に利用して在学中から事業を興す学生起業家も増えてきています。学生が起業する場合、斬新なアイディアや行動力などの強みがありながらも信用力の低さが大きなデメリットになりがちです。そのデメリットを覆すには、思い切って法人登記して会社を設立するというのもひとつの作戦です。又、起業家である自分自身のパーソナルブランドをどう組み立てるかも事業成功のポイントです。パーソナルブランディングの重要性などもあわせて紹介します。

  • 定年後の独立を考えたら

    今の時代、定年退職頃の年齢ではまだまだ気力も体力も充実している元気な人が多く隠居してしまうにはもったいないですし、それまでは会社員として勤め上げたのだから残りの人生は思う存分好きなことをして社会と関わりながら、老後の生活費の足しになればと考えるのも自然な流れと言えるでしょう。ここでは、60歳か65歳で会社を定年退職した後、第二の人生をスタートさせるための独立開業を検討している人にオススメの記事を紹介します。

  • サラリーマンにも役立つ

    個人事業主としての開業に興味を持ちながら悩んでいるサラリーマンの方に向けて、個人事業主のメリットとデメリットを会社員との違いという視点で紹介します。サラリーマンとして働いているときは個人事業主のメリットばかりに目がいきがちですが、いざ独立すると会社員という立場でいることのメリットを身にしみて実感するようになります。会社員でいる間は「当たり前のこと」と感じていたことが、個人事業主にとっては「とても恵まれている」と感じられるようになるのです。結果、どちらが良いかは人それぞれの価値観によって異なります。

個人事業主を目指す人におすすめの記事