eyecatch

個人事業主を目指すなら知っておきたいメリットとデメリット

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

開業する前に知っておこう

フリーランスや店舗経営など、個人事業主として働く人が増えていますね。終身雇用制度の崩壊や家族構成の変化、女性の社会進出など、時代の流れに伴ってワークスタイルもどんどん多様化していくのはごく自然な流れと言えるでしょう。個人事業主、自営業に対するイメージも変化しつつあります。しかし、会社員と比較すればまだまだ社会的信用度は低いのが現実です。本気で開業を目指すなら、個人事業のデメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

サラリーマンとの違い

サラリーマンとの違い

個人事業主になる前に確認してきたいのが、サラリーマンとの違いです。会社で規定された通りに休日を取り、給与を受け取るサラリーマンとは違い、個人事業主は決まった休日も安定した収入もありません。たとえ事業を続けられなくなってもサラリーマンのように失業手当を受け取れるような保障もないのです。しかしそれは、自分の力次第でサラリーマンよりもたくさんの休日とお金を受け取れるということでもあります。常に前向きに考えていきましょう。詳細はこちら

簡単に始められる

簡単に始められる

個人事業主のメリットとしては大きなもので3つのポイントがあります。まずは始めるのが簡単だということ。届けを提出するだけですぐに個人事業主となることができます。面倒な手続きはほとんどありません。次に経費控除を受けられるということが挙げられます。家賃や食費、交通費なども経費として申告できるため節税となるのです。最後にやはりマイペースな働き方ができるという点です。誰に従うこともなく、自分のやり方自分の感情のままに仕事をすることができます。詳細はこちら

代表的な職種

代表的な職種

個人事業主として働くことができる職種としては、IT系やマスコミ系、士業系などが挙げられます。ITエンジニアなどのIT系はスキルを生かして好きな働き方ができますし、マスコミ系は手軽に参入することが可能です。資格さえ持っていれば士業では高収入を得ることができます。レバテックフリーランスやSketsなど、それぞれに対応したサービスを利用して効率よく仕事を探すことで、さらに短い時間で多くの収入を得ることができるのではないでしょうか。詳細はこちら

信用を上げるなら会社設立

信用を上げるなら会社設立

起業するには、個人事業主と会社設立という二つの方法があります。会社を設立するメリットとしては、まずクライアントからの信用度があがるということが挙げられます。個人ではなく会社となることで、十分な責任を取ることができるとみなされるのです。また、節税することもできます。しかし同時に様々な費用も必要となるため、事業規模や費用対効果を見極め、どちらが自分にとってメリットが大きいのかということを検討した上で選んでいかなければなりません。詳細はこちら

個人事業主を目指す人におすすめの記事