eyecatch

個人事業主のデメリットである信用の低さを回避するなら法人化!

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

開業する前に知っておこう開業する前に知っておこう

信用を上げるなら会社設立

会社設立?個人事業主?

個人が起業しようと考えたときの選択肢は二つあります。まずは個人事業主になること、そして会社を設立することです。個人事業主として起業し、後に法人化するという場合もありますね。この二つの方法はどちらが良いと決めつけるものができるわけではありません。両方にメリットとデメリットが存在しているのです。そこで今回は会社を設立する場合の良い点と悪い点についてまとめてみました。

信用が上がる

会社設立の最も大きなメリットは、法人の方が信用度が高いという点です。もちろん個人事業主として信用を積み重ねていくことは可能ですし、あなただからこそ任せたいというクライアントもいることでしょう。しかし、個人事業主は負うことができる責任に物理的な制限があります。それがクライアントにとってはデメリットとなってしまうのです。例えば急な事故や病気で仕事ができなくなってしまった場合、あなた個人の力に頼っている個人事業主という状態では、仕事に支障が出てしまいます。そこで組織運営をすることでそういったリスクが少ない会社の方が、信用度は高くなるのです。また、銀行などの金融機関の場合でも、やはり個人よりは会社の方が信用度が高いとみなされます。金融機関で融資判断を行うのは人です。心情的にも個人よりも組織に対しての方が信用度が上がることは理解できるのではないでしょうか。

節税することができる

会社を設立することによるもうひとつのメリットが、節税できるということです。個人事業主として起業した場合でも、法人化した方が税金や社会保険料などにかけるコストを節約することができます。また、経費として申告できる科目も、個人事業主と会社では異なります。さらに、万が一あなたが亡くなった場合、個人事業主の場合は資産に相続税がかかりますが、会社の場合は資産は会社の所有するものとみなされるため、相続税はかかりません。そういった面でも節税効果があるということです。しかし会社の設立には様々なコストが必要となりますので、費用対効果をよく見極め、税理士さん等と話し合い、どちらがよりコストを抑えることができるのかを判断しなければなりません。

様々な金銭的負担がある

会社設立のデメリットとして挙げられるのは、やはり金銭的な負担です。会社として起業すると、社会保険への加入が義務付けられるため、その保険料を負担する必要があります。また、赤字の場合でも法人住民税の均等割は支払わなければなりません。さらには登記の手続きや各種印鑑の作成など様々な事務手続きをしなければならず、それにも費用負担があります。一般的には事業規模が大きいほど法人化のメリットも大きいと言われています。どちらが自分にとって良いのかしっかりと検討してから起業に踏みきった方が良さそうですね。

個人事業主を目指す人におすすめの記事