eyecatch

個人事業主としての開業は簡単

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

開業する前に知っておこう開業する前に知っておこう

簡単に始められる

始めるのが簡単

開業というと非常に面倒な手続きを思い浮かべますよね。しかし実を言うと個人事業主を始めるために必要なことは、「個人事業主開廃業等届出」を税務署に提出するだけなんです。もちろん実際に業務を行う前には準備することもありますが、開業するというだけならこれだけで大丈夫。仮に株式会社を設立しようとするなら、定款の作成・認定、印鑑証明書の取得や、様々な書類の収集等に加えて、それらを持って公証役場や法務局などで手続きをすることが必要になることを考えると、個人事業主の開業は非常に手軽ですよね。資本金も必要ありませんので、ゼロ円からでも始められるということになります。

経費控除で節税ができる

個人事業主は個人とはいえひとつの会社として認められています。そこで大きなメリットとなるのが、経費の申告ができるという点です。仕事中の食費や仕事をしている場所の家賃、光熱費、仕事のために移動した場所への交通費など様々なものを経費として申告し、控除を受けることができます。
例えば自宅で仕事をしているという人の場合でも、家賃の一部を経費として扱うことができるため、大きな節税となります。また、もし事業で赤字を出してしまった場合でも、3年間は繰り越してその申告を行うことができます。特に事業を始めて最初の数年は、設備投資や備品の購入などで経費がかさみ、赤字になることも多いはず。この赤字の申告も節税効果がありますので、もし赤字になってしまったときは必ず申告を行っておきましょう。ただし、赤字の繰越ができるのは青色申告の場合だけです。白色申告の場合は控除が適用されませんので注意してくださいね。

マイペースに働ける

個人事業主の最大のメリットが、自分のペースで働くことができるという点です。経営に関することはすべて行わなければなりませんが、裏を返せばそれは自分の思い通りに仕事をすることができるということでもあります。仕事のやり方はもちろんのこと、休日なども自分の思うままに設定することができます。自分のやり方で効率よく仕事を終わらせ、仕事が終わったその瞬間から休み時間にすることだって可能なのです。
もちろん上司がいるわけでもありませんので、職場の人間関係に悩むということもありません。自分とクライアントのことだけを考えていればよいのです。会社の中で波風立たせずに仕事をしたいと思っていると色々と気遣いが必要になり面倒ですよね。個人事業主なら周りのことを気にすることなく、マイペースに仕事をすることができます。会社に縛られて、会社の言うままに仕事をするのが我慢ならないという人こそ、個人事業主を目指してみると良いのではないでしょうか。

個人事業主を目指す人におすすめの記事