eyecatch

開業前にチェックしたい、個人事業主の代表的な職種とは

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

開業する前に知っておこう開業する前に知っておこう

代表的な職種

個人事業主の仕事の種類とは

個人事業主とひとくちに言っても、その職種は様々。インターネットの発達やクラウドソーシングサービス、さらにはSNSなどの台頭を期に、個人事業主の仕事も多様化しているのです。
例えばIT系のお仕事としては、アプリ開発やHPの作成・管理等を行うエンジニアやプログラマーなどが挙げられます。これらのお仕事は高い専門性を必要とするため、より能力の高い人ほど働く時間や場所を選びつつ高収入を得ることができます。
その他、代表的な個人事業主の職種といえば、マスコミ系のお仕事が挙げられます。インターネットによる情報伝達が盛んな今、ネット記事のライターやHPの作成を請け負うWebデザイナーなども、個人事業主の扱うことのできる部分です。クラウドソーシングのサイトなどで仕事を得ることは簡単ですが、全体的に単価は低めに設定されています。しかし通訳や翻訳などは高いスキルが必要となり、高収入を得られることもあります。また、弁護士や税理士、会計士といった士業も、独立して個人事業主として働いている人が多い職種です。取得の難易度が高い仕事ですが、その分しっかりと仕事を得ることができれば高収入を期待できるため、人気の高い仕事だと言えるでしょう。

ITエンジニアにおすすめ「レバテックフリーランス」

個人事業主として開業しているITエンジニア、Webエンジニアにおすすめできるサイトが「レバテックフリーランス」です。

公式サイトへ移動
こちらのサイトでは、エンジニア向けの案件を多数紹介しており、高単価での参画が可能となっています。
公式サイトへ移動

またクライアントとの交渉は専門のコーディネーターが行うため、個人事業主であっても依頼主と対等に話をすることができます。案件への参画後もしっかりとしたフォローが受けられるため、安心して働くことが可能です。

ライター、デザイナーにおすすめ「Skets」

Web上で記事の執筆やアンケートに参加することができるライターやデザイナーとして働く個人事業主におすすめしたいサイトが「Skets」です。

公式サイトへ移動
幅広い仕事を常時募集しているため、しっかり働きたいという人から、家事の合間の空いた時間で仕事をしたいという人まで、様々な要望に応えることができるサイトとなっています。
公式サイトへ移動

登録も簡単ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

税理士におすすめ「税理士紹介エージェント」

受けたい案件だけを受注できる税理士のための案件紹介サイトがこちらの「税理士紹介エージェント」です。

公式サイトへ移動
登録するためには面談を受ける必要がありますが、その分スタッフがひとりひとりの税理士についてしっかりと把握し、それぞれに合った案件を紹介してもらうことができます。
公式サイトへ移動

完全成果報酬型となっており、初期費用もかからないため、一度試してみてはいかがでしょうか。

個人事業主を目指す人におすすめの記事