eyecatch

個人事業主の顧客獲得はパーソナルブランドが重要!

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

スキルを磨いて生き残れスキルを磨いて生き残れ

顧客が増加するパーソナルブランド

優良な顧客を増やす

個人事業主が顧客を、それも優良な顧客を増やすための手段のひとつとして挙げることができるのが、パーソナルブランディングです。個人事業主のように自分の専門的なスキルと良質なサービスを売りにして仕事をしている人の場合、このパーソナルブランドを身につけることで、それが大きな武器となることがあるのです。というのも、パーソナルブランドを身につけるということは、あなたに他とは違う価値を見出し、たとえ価格が高くともあなたに仕事をお願いしようと考える人を増やすことにつながるからです。パーソナルブランディングによって、あなたの存在をより広く知ってもらうこともできます。それが優良な顧客を増やすために非常に重要なことは一般にも知られている通りでしょう。

企業のブランディングの成功例

個人事業主ではなく、企業においてブランディングが成功している事例としては、アップル社が挙げられます。アップルはiPhoneやiPadなどといったブランド力の高い製品を数多く販売しています。製品の中身よりもアップル社が出したものだという理由でそれらを購入する人も多いのです。アップルが出したものなら間違いないだろうと考え、価格の大小関わらず他の製品ではなくiPhoneを選ぶというわけです。他の例としては、ソフトバンク社の孫正義社長が挙げられます。ソフトバンクという会社以上に社長の彼自身が「革新的で」「目の付け所が違う」人物として世間に認知されており、彼の言動は常に注目されています。何かしらの強いメッセージを発していて、さらに他とは違うものだと認識されることで、そこに付加価値を持たせることが可能になるというのがブランドというものです。そのブランドが発しているメッセージを受け取る人が多ければ多いほど、その力は強くなり、より高い価格で売りに出すことができるようになります。これは個人も同じで、パーソナルブランドというのはそのままその人がブランドになるということです。パーソナルブランディングによって、クライアントに他とは差別化された高値を出しても損はしないものだと考えてもらうことができるようになるのです。

個人のブランディングに必要なこと

パーソナルブランドを持っている人というのは、そのブランドに高い価値を見出している人に対してはその労働力の価値を高く保つことができます。しかし、他とは差別化された魅力があったとしても、それを多くの人に知ってもらうことができなければブランド化しているとは言えません。強力なメッセージを持ち、さらに他より秀でたサービスや技術を提供できるということを、周囲の人に認知してもらうこと。それがパーソナルブランドを身につけるということです。このパーソナルブランドに惹かれてあなたを選んだ顧客は、たとえもっと低価格なサービスや商品をアピールする人が現れたとしてもあなたを選び続けます。だからパーソナルブランドを身につけることは優良な顧客を獲得する有効な手段となるのです。

個人事業主を目指す人におすすめの記事