eyecatch

個人事業主か会社設立か?学生起業家が知っておくべきデメリット

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

学生起業家はチェック

学生のうちから起業する学生起業家は、社会人が個人事業主として開業する以上に「信用度の低さ」がネックになるケースが多いでしょう。ある程度の資金が必要ではありますが、法人化することによって、そのデメリットを小さくすることが可能になります。ただし、法人であろうが個人事業主であろうが、ビジネスである以上、その責任の重さは認識しておく必要があります。何かトラブルが起きた場合、学生だから仕方ないと許されることはまずありません。

顧客が増加するパーソナルブランド

顧客が増加するパーソナルブランド

学生という身分で起業する場合にこそパーソナルブランディングが重要です。社会人よりは信用度が低くなりがちな学生ですが、自分をブランド化する、パーソナルブランドを身につけることで、あなたにこそ仕事を頼みたいという良質のクライアントを得ることができます。そのためにはまずは他とは違う価値とクライアントに訴えかける強いメッセージを持つことが重要です。そしてそれを世の中に広くアピールすることで、仕事の成功はぐっと近づいてくることでしょう。詳細はこちら

信用を上げるなら会社設立

信用を上げるなら会社設立

学生が起業するという場合でも、信用を上げるためには会社の設立が有効です。学生という身分であってもトラブルの場合にはしっかりと責任を取ることができるということで、仕事を発注しやすくなります。会社の設立にはある程度の資金は必要ですが、借金をせずに会社を設立することもできますので、リスクは低く保ったまま、学生であることのメリットだけを受けながら会社を経営することができるのです。ただし未成年者の場合は会社の設立に保護者の同意が必要となりますので注意してください。詳細はこちら

個人事業主を目指す人におすすめの記事