eyecatch

個人事業主として開業するなら青色申告で!

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

個人事業主への道のりはこれだ個人事業主への道のりはこれだ

赤字繰り越しが出来る青色申告

個人事業主の確定申告

サラリーマンの場合、会社で年末調整を行ってもらえるため必要ありませんが、個人事業主として仕事をしている場合、年に1度の確定申告を行う必要があります。確定申告とは簡単に言うと、「1年の儲けがこれだけでこれくらいの税金を納めます」ということを税務署に届け出るという手続きのことです。この確定申告には「青色申告」と「白色申告」があり、青色申告の方は白色に比べて手続きが複雑になるものの、経費として認められるものや所得金額として控除される科目・金額が多くなるというメリットがあるのです。

青色申告のメリット

青色申告のメリットのひとつは、まず最高で65万円の所得控除を受けられるという点があります。例えば事業で100万円の利益が出たとき、青色申告なら100万円-65万円の35万円分にしか所得税がかかりませんが、白色申告の場合は100万円すべてに税金がかかるということになるのです。次に、青色申告の場合は、3年間の赤字繰越ができるという点も大きなメリットとなっています。特に開業して間もない頃は、設備や備品などへの投資が大きいため、利益よりも損失が多くなってしまうということもありがちです。
しかしそんなときでも3年の間はそれを繰り越して赤字を計上できるのです。つまり、1年目に50万円の赤字を出し、2年目には70万円の黒字だったとしても、2年前の黒字は20万円だとみなしてもらえるということです。つまり本来は70万円の利益に対してかかるはずの税金が、20万円分にしかかからなくなるということですね。この二つのメリットを考えれば、個人事業主は青色申告を行った方がお得だと言えそうです。

面倒な手続きを任せるなら「確定申告代行センター」

白色申告よりもお得な青色申告での確定申告。しかしひとつだけ問題があります。それは青色申告には、複式簿記方式での取引の記帳が必要なため、経理の知識が必要となってくるのです。事業には自信があっても、経理については素人だという人も少なくないはずです。そんなときに役立てたいのが、「確定申告代行センター」です。

公式サイトへ移動
これは税理士が確定申告を代行してくれるサービスで、プロの手によってあなたの確定申告を行ってもらえるのです。
公式サイトへ移動

もちろん料金はかかりますが、事前に無料で見積もりをとることができますので、安心して依頼することができます。もちろん自分で正確に申告することができればそれが一番ですが、プロに頼むことで素人では見逃しやすいような経費の漏れもありませんし、万が一税務調査が入った場合でも、税理士に立ち合ってもらうこともできるんです。素人だからこそ、万が一に備えてプロとのつながりを作っておくことが必要なのではないでしょうか。

個人事業主を目指す人におすすめの記事