eyecatch

個人事業主の事業名称を決める際に知っておきたいポイントとは

個人事業主になるなら知っておきたいこととは

当サイトに関して

個人事業主のメリットやデメリットなど、開業を目指す上で知っておきたいお役立ち情報を紹介するサイトです。
お問い合わせこちらまで>>k_yamamoto●hotmail.co.jp
※●を半角@に変えて送信してください。

個人事業主への道のりはこれだ個人事業主への道のりはこれだ

事業名称を決めるポイント

開業前に事業名称を決めよう

事業名称とは簡単に言えばお店の名前のことです。屋号とも言います。つけ方は自由ですし、事業名称がなくとも開業することは可能です。飲食店等を開く場合であっても、実際の店名と事業名称は同じでなくても構いません。しかし名前があることで事業がやりやすくなることはあるかもしれませんし、その事業名称を商標登録しておくことで、他人が同じ名前をつけることはできなくなりますので、事業名称を前面に出した商品を作りたいときなどは登録しておくと良いでしょう。

事業名称を決めるときのポイント

事業名称を決めるときのポイントとして挙げられるのは、まず覚えやすいものであるということが一番です。個人事業主が仕事を得るためには人脈も非常に重要なものです。そのために知り合った人にすぐに覚えてもらえるような名前にしておきましょう。次にどのような事業を行っているのかということがすぐにわかるような名前にしておくことも大事なポイントです。
例えばダイエット食品を扱っているような会社が「ぽっちゃり堂」なんて名前だったらイメージが良くはありませんよね。事業内容にふさわしく、そのイメージを損なわないような名称にするべきです。さらに電話等で事業名称を口にする場合もあるため、発音のしやすさも考慮に入れておきましょう。また、将来法人化するという可能性もないとは言えないでしょうから、前後に「株式会社」と付いた場合でも違和感がないようにしておくと、後々後悔せずに済むのではないでしょうか。

事業名称を決めるときの注意点

基本的には自由に決めることができる事業名称ですが、いくつか注意するべき点もあります。まずひとつめとしては、「株式会社」や「コーポレーション」といった単語を入れない方が良いという点です。必ずしも法律で禁止されているというわけではありませんが、このように会社組織だと誤解されるような名前を付けることが後々のトラブルに繋がりかねないため、避けておいた方が無難でしょう。
次に、不正競争防止法の規制を受ける可能性を考え、既に一般的に知られている他の事業者と同一、または類似した名前をつけることも避けなければなりません。インターネット等で検索することで、簡単にある程度有名なものは見つけることができますので、実際に事業名称を決める前に一度は確認しておきましょう。また、自分のつけた事業名称を他にまねされたくないという場合は、商標登録を行う必要があります。
ただし、商標登録には出願費用に加えて登録費用の10年分を納めなければならないので、それなりのコストがかかることを覚えておいてください。出願する分野にもよりますが、およそ10万円ほどが費用の目安のようです。

個人事業主を目指す人におすすめの記事